税理士資格の取得方法や活用方法などがわかる情報サイト

税理士資格に注目!転職に有利になるのはなぜ?

税理士事務所へ転職

税理士資格取得後の転職先として、税理士事務所が挙げられます。
しかも、税理士資格を取得することで、税理士としての仕事ができるのです。

税理士資格がなくても税理士事務所で働くことはできますが、あくまでも税理士業務のサポートに留まります。
もちろん、税理士事務所勤務を通じて、税理士資格取得のモチベーションにつながるなど、いろいろなメリットが期待できます。
そのため、税理士を目指す人にとって、税理士事務所は理想的な職場と言えるでしょう。

現在の職場で働き続けるのも選択肢の一つです。
税理士資格の取得により、金融機関や保険会社などでの高評価にもつながります。
なお、税理士試験は科目合格制(全5科目)であり、1科目の合格から履歴書に書けることが大きな強みです。

税理士事務所を独立開業

税理士資格の取得後は、自分で税理士事務所を立ち上げる方法もあります。
自分で仕事をすることにより、全責任を自分で背負うことは避けられません。
それだけに、働きがいも出てくるでしょう。

税理士の仕事は多岐にわたります。
個人や法人を相手にした税務関係の仕事が一般的です。
税務申告(確定申告や決算申告)はもちろん、記帳代行、経営に関するアドバイスなど、いろいろな業務が存在します。

税理士事務所を営むためには、得意分野をつくることが大事なポイントです。
税理士には、所得税や法人税、相続税などの専門知識が必要ですが、大々的にアピールできる分野があると、顧客開拓にも結びつきます。
そのためには、税理士試験の受験科目選びが重要なことも知っておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る