税理士資格の取得方法や活用方法などがわかる情報サイト

税理士資格を取得するには

税理士試験の受験資格は

税理士試験の受験資格の詳細や最新情報については、受験前に確認することが大切です。

学識で試験を受ける方法として、大学や短大などの卒業が知られています。
その場合、法律学または経済学に属する科目・1科目以上の履修が欠かせません。
ただし、一般教養科目としての履修も対象になるため、理工学部などの卒業生も受験を検討しましょう。

資格で受ける場合、日商簿記検定1級合格は身近な存在です。
また、こちらの受験試験には年齢制限がないことが大きな強みになります。
そのため、税理士試験合格の前に、日商簿記検定1級合格を目指すのもよいでしょう。

職歴での受験資格を満たすには、税理士事務所で2年以上働く方法もあります。
ただし、複式簿記にもとづく記帳業務などが条件であり、簡単な入力業務で受験資格は認められません。

税理士試験の日程や内容は

税理士資格は国家資格の一つです。
また、税理士試験は年に一度、毎年8月上旬の3日間に掛けて実施されます。
ただし、2020年はこれまでの日程と異なるため注意が必要です。

税理士資格を取得するには5科目に合格する必要があります。
ただし、科目合格ができるため、毎年1科目ずつ受けていくこともできます。
また、一度合格した科目は生涯有効なことも税理士試験の大きな特徴です。

試験科目には、必須科目:2科目、選択必須科目 :1科目、選択科目:2科目があり、全11科目から選べる形になります。
そのため、受験科目の組み合わせが大事かもしれません。
 
なお、税理士の仕事をするには、税理士試験合格後に資格登録する必要があります。
登録に際しては、会計関係の事務を通算2年以上経験することが条件ですが、試験合格前の実務も対象になる点にも注目されます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る